子どもたちの生きる力を育むためのコミュニケーション

~第4回 【コミュニケーションで大切にしたいこと】~

母子2

第4回目は、「コミュニケーション」についての3つの質問です。

【コミュニケーションで大切にしたいこと】

ここまで、3回にわたって、あなたの教育観とご夫婦での教育観に
ついて質問をしてきましたが、今回からは、それをどう体現するのかということで、
あなたとお子さんとのコミュニケーションについての質問をお送りしたいと思います。

普段何気なくしているお子さんとのコミュニケーションにあたなはどのような
思いをのせていますか。親御さんとのコミュニケーションは、お子さんの成長に
とってとても重要な要素です。お子さんの生きる力をより強くするために
普段のコミュニケーションからあなたの教育観に沿ったコミュニケーションが
とれているのか。思いをうまく伝えられているのか。などゆっくり振り返ってみましょう♪

それでは、コミュニケーションを振り返るための3つの質問です。
================================
◆お子さんとのコミュニケーションをとるときに大切にしていることは何ですか?
================================
いつも笑顔でいること
目をみて話を聞いてあげること
ハグしてあげること
周りに迷惑をかけるときはすぐに注意する
など、
あなたの言葉がけだけでなく、表情や姿勢など含め
あなたが、普段お子さんとコミュニケーションをとっているシーンを思い浮かべ
ながら、できるだけたくさん上げてみましょう!

===================================
◆そのコミュニケーションを通じて、お子さんにどんなことを伝えていきたいですか?
===================================
笑顔が大切だよということを伝えたい。
あなたが大好きだよということを伝えたい。
相手の気持ちを大切にしてほしいというということを伝えたい
など、1つ1つ大切にしているコミュニケーションにも伝えたい意図がのっています。
あなたは、そのコミュニケーションを通じて、どんな意図をのせたいですか?

===================================
◆さらにどんなコミュニケーションを心掛けたいですか?
===================================
いまのあなたのコミュニケーションは、自分の理想のコミュニケーションでしょうか?
時々、感情に任せてしまっているなぁ、注意したいときに、躊躇してしまったなぁ
なんてこともあるかもしれません。
自分の理想のコミュニケーションに近づくためには、さらにどんなことを心掛けていきたいですか?

第4回目はいかがでしたでしょうか?
このメールコーチが少しでもあなたのお役に立つことができれば幸いです。
この質問に答えてみてのご感想や、ご質問などもお待ちしております。
それでは、引き続き、素敵な子育て生活を♪

 

※今回からお読みいただく方のために、このメールコーチのご利用方法
=利用方法=================================
毎回、質問をお送りさせていただきますので、
その質問に心の中で答えていただく、または、書き出してみる、思い至って
すぐ行動するなど、あなたにあった形で、アウトプットをしてみてください。
少しずつですが、あなたが何かを意識し、実践することで、
お子さんの生きる力が育まれるのではないかと思います。
=======================================

The following two tabs change content below.
吉田 忍

吉田 忍

いきはぐの教育コーチ。1972年、東京生まれ。3児の父。ハウスメーカーで、東南アジアの海外駐在を10年経験後、コーチングファームに入社し、プロビジネスコーチとして、約6000人の組織リーダーをコーチする。その後、父親として、東京サドベリースクールの運営に関わり、多様な教育の可能性を感じ、日本のさらなる学校教育の発展に向けて独立を決意する。現在、フリーのコーチをしながら「NPO法人いきはぐ」で活動。学校の先生や家庭向けに、「コーチング」を活用した『生きる力』をはぐくむコミュニケーション方法を伝えている。