子どもたちの生きる力を育むためのコミュニケーション
~第14回  【あいさつはなぜ大切なのか?】~

手を挙げる
第14回目は、【あいさつ】についての3つの質問です。

「おはようございます」
「おやすみなさい」
「失礼します」
「すみません」

「しっかり、あいさつをしましょう!」これはよく言われる言葉です。
学校でも、家でも、職場でも・・・

私がコーチをしていたある企業様では、
会社の入り口で10人ぐらい並んで、社員の方に元気よくあいさつをする
「あいさつ運動」というのをやっているぐらいです。

なぜ、そこまであいさつが大切なのでしょうか?

理由はいろいろあると思いますが、
私は、
あいさつは、相手への思いを込められる
最もシンプルなコミュニケーションだからだと思っています。

「あなたに気付いていますよ。」
「あなたとはなしたい!」
「あなたをみているよ。」
「あなたと一緒でよかった。」
「あなたが大好きです。」
などなど、
あいさつには、その言葉の奥に
心の中のメッセージが込められています。

もし、あなたが、ある事情で、最愛のお子さんと1年離れるとしましょう。
そのときの、お別れの日の朝の
「おはよう!」
は、いつもの「おはよう!」とは大きく変わってくるかもしれません。

ある人は、しっかり目をみて、満面の笑顔で、元気よく
「○○(名前)、おはよう!」
という人もいれば、

さみしい思いから、目を見ることができず、その気持ちをごまかそうと
「おはよう!」と目をみずに伝えるかもしれません。

いずれにしても、その人の気持ちが、あいさつという
コミュニケーションを通じて伝わっていきます。
私がお世話になっているすばらしい先生方は、朝一番のあいさつのトーンで、
子どもたちの状態を把握するそうです。

あいさつが大切な理由、是非あなたらしい答えを考えてみてくださいね。

今日は、そんなあなた色のあいさつを意識する3つの質問です。
================================
◆普段は、どんなときにあいさつをしていますか?
================================
おはよう!
いってらっしゃい!
おかえり!
おやすみ!
などなど、普段の生活の中でどんなあいさつをしていますか?

===================================
◆それぞれのあいさつにどんな気持ちを伝えたいですか?
===================================

「ずっとみているよ。」
「○○と一緒でよかった。」
「○○ちゃんが大好きよ。」
「今日も元気でいてくれてありがとう」
などなど、あなたらしい言葉を見つけてみましょう。
===================================
◆その気持ちは、どんな工夫をするとより伝わりやすくなりますか?
==================================
満面の笑みで、元気な声で、ハグしながら
朝起きたらすぐに
などなど。
あなたの気持ちを伝えるためにどんな工夫ができますか?

変化をつくるには、簡単なことを1つ決めて実践するのがポイントです。
あなたが、パッと思いついた、すぐにできそうなことを実践してみましょう!

第14回目はいかがでしたでしょうか?
このメールコーチが少しでもあなたのお役に立つことができれば幸いです。
この質問に答えてみてのご感想や、ご質問などもお待ちしております。
それでは、引き続き、素敵な子育て生活を♪

※今回からお読みいただく方のために、このメールコーチのご利用方法
=利用方法=================================
毎回、質問をお送りさせていただきますので、
その質問に心の中で答えていただく、または、書き出してみる、思い至って
すぐ行動するなど、あなたにあった形で、アウトプットをしてみてください。
少しずつですが、あなたが何かを意識し、実践することで、
お子さんの生きる力が育まれるのではないかと思います。
=======================================

The following two tabs change content below.
吉田 忍

吉田 忍

いきはぐの教育コーチ。1972年、東京生まれ。3児の父。ハウスメーカーで、東南アジアの海外駐在を10年経験後、コーチングファームに入社し、プロビジネスコーチとして、約6000人の組織リーダーをコーチする。その後、父親として、東京サドベリースクールの運営に関わり、多様な教育の可能性を感じ、日本のさらなる学校教育の発展に向けて独立を決意する。現在、フリーのコーチをしながら「NPO法人いきはぐ」で活動。学校の先生や家庭向けに、「コーチング」を活用した『生きる力』をはぐくむコミュニケーション方法を伝えている。