のくに子どもの村小学校・中学校

和歌山県橋本市

ニイルのサマーヒルが原点の自由な学校



「まず子どもを幸福にしよう。
すべてはそのあとにつづく。」
これは、私たちが大切にしている、A.S.ニイルのことばです。
当学園では、子どもたちは自分の好きなテーマの「プロジェクト」を選び、異年齢混合で体験学習や基礎学習をしていきます。
テストも宿題も、一方的な授業もありません。
全校ミーティングで子どもたちがいろいろなことを話し合ったり、寮で共同生活をするのも大きな特徴です。
子どもたちが毎日元気いっぱい、いろいろなことに挑戦する、自由で楽しい学校です。


学びの特徴

基本方針は自己決定・個性化・体験学習

基本方針は、自己決定・個性化・体験学習です。
子どもたちは、さまざまなテーマの「プロジェクト」を選び、それを中心として毎日いろいろなことに取り組みます。
ものづくり、農業、料理、演劇…多彩なプロジェクトには、「工務店」「きのくにファーム」「おもしろ料理店」など楽しい名前がついています。
基礎学習も、基本的にプロジェクトの中で学びます。
見学など学校の外に行くことも多く、修学旅行や海外研修では4泊5日〜2ヶ月も出かけます。
本やドリルの勉強よりも、実際に作ったり調べたり、行って見て体験する活動が中心です。


環境の特徴

「一人ひとりがみんなと自由に」

市街地から車で山の中へ分け入ったところに、学校はあります。
木造の校舎と校庭を、子どもたちがプロジェクトで建てた小屋や遊具が囲んでいます。
子どもたちは通学か寮かを選べます。寮の子は基本的に週末だけ帰宅します。
寮では1部屋に2〜8人の共同生活で、生活のルールは自分たちでミーティングをして決めていきます。
ミーティングは、クラスでは毎日、全校でも週1回あり、いろいろなことを話し合います。
大人は「先生」ではなく、さんづけやあだ名で呼びます。
「一人ひとりがみんなと自由に」
これが、私たちのテーマです。


基本情報

学校名 きのくに子どもの村小学校・中学校 運営 学校法人きのくに子どもの村学園
住所 和歌山県橋本市彦谷51 アクセス ●電車: 南海高野線「橋本駅」 又は JR和歌山線「橋本駅」 下車  →タクシー約25分(約2500円)
●車: 大阪市内から約90〜120分(近畿自動車道経由)

この学校/園が気になったら…

詳細お問い合わせ先 【ホームページ】 http://www.kinokuni.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=13
【メール】 info@kinokuni.ac.jp
説明会・見学について 毎週決まった曜日を見学日としています。その際、説明会も行います。
どなたでもお越しいただけます。事前に電話でご予約下さい。
(曜日はHPでご確認下さい。学校関係や団体の方は別の曜日にお受けすることがあります。)
入学/入園したいとき 入学は小学校からです。転入は補充募集がある場合のみ可能です。
学力試験による選考はありません。2泊(高学年は3泊)して学校と寮の生活を体験したのち、
本人が入学を希望する場合に、保護者との面談をしてから入学が決まります。
入学希望者が多いので、なるべく早く事務室までお届下さい。
働きたいとき 直接事務室までお問い合わせ下さい。
支援したいとき 直接事務室までお問い合わせ下さい。


【生きる力を育む学校・園一覧】  全国 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州・沖縄
このページのトップへ  このページを閉じる