『生きる力』をはぐくむ教育とは?


『生きる力』とは?

幸せに生きるために必要なことを、
みずから考え、みずから行動する力


現代は、社会の変化のスピードが速く、人々の価値観も多様化しています。
そんな時代に、幸せに生きるために必要なものは、与えられる知識や技術だけではありません。
自分たちが幸せに生きるために必要なことを、みずから考え、みずから行動する力です。
私たちは、こうした力のことを『生きる力』と呼びたいと思います。

基本的な考え方

子どもが主体的に成長できるようにする


『生きる力』をはぐくむ教育の基本は、
子どもが自分自身の力・意志・ペースで、主体的に成長できるようにすることです。
具体的なやり方は様々ですが、共通しているのは以下のことです。

● 子どもの意志や気持ちを大切にする
● 一人ひとりの違いを認める
● 長期的な眼差しで見守る

多様な教育方法

『生きる力』をはぐくむために、日本全国で様々な教育が実践されています。
基本的な考え方は共通していますが、その具体的な方法には、とても多様性があります。
自分たちに一番合った教育と出会えるよう、それぞれの特徴を分かりやすくご紹介します。
各教育方法について、
 ● 教育の特徴
 ● 教師/スタッフになるには?
 ● おすすめの本
を解説しています。

	横浜シュタイナー学園 2年生の授業風景		東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター付属 聖アンナこどもの家		森のたんけんたい 不思議や興味を見つける
	東京サドベリースクール 様々な年齢の子どもたちが共に過ごす
※順次追加していきます